外構の門扉の種類とポイントについて

query_builder 2022/06/15
コラム
27

外構の門扉は、家の顔とも言われる場所で必要性の有無も考えなければなりません。
種類も豊富なので、家全体のバランスを考えながら門扉を決めると良いのではないでしょうか。
そこで今回は、外構の門扉の種類とポイントについて紹介していきますので是非参考にしてください。

▼外構の門扉の種類
門扉に使用される素材の種類は、「アルミ形材」「アルミ鋳物」「木製」「樹脂」「鉄製」などがあります。
フェンス同様、門扉も似ている素材を用いる場合が大半です。
種類によって雰囲気も変わってくるので、素材選びも大切です。
特にアルミ形材は、耐久性があり軽いので一般的に使用されているタイプとなっております。

▼外構の門扉を作る際のポイント
■バランス
全体のバランスを配慮して門扉を考えることで、統一性が出ます。
家の雰囲気と違う門扉を設置してしまうと、スタイルにバラつきが発生してしまうのではないでしょうか。

■実用性
門扉は飾りではなく、実用性も考えなければなりません。
デザインにこだわりすぎると、使い勝手が悪くなってしまうので注意が必要です。
デザイン性も大切ですが、お子さんやご高齢のいるご家庭では軽さも重視すると良いでしょう。
特にベビーカーや車いすが通りやすい幅だと、安心して入ることができますね。

▼まとめ
外構の門扉には「アルミ形材」「アルミ鋳物」「木製」「樹脂」「鉄製」などがあります。
作る際には、バランスや実用性を考えることで使いやすい門扉になるのではないでしょうか。
弊社では、茨城県を中心に庭づくりとエクステリアを提供しております。
外構の門扉についてお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 外構工事はどれほどの期間が必要?

    query_builder 2022/07/01
  • 外構を和風にするポイントについて紹介

    query_builder 2022/06/22
  • 外構の門扉の種類とポイントについて

    query_builder 2022/06/15
  • 外構のデザインをオシャレにするポイントは?

    query_builder 2022/06/08
  • 外構をコンクリートにするメリット・デメリット

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE